for peopleからのお知らせ Information

テキスタイルデザイナーに向いている人の特徴4選!仕事内容も紹介

- NEWS

2024.07.05

アパレルパタンナー

 

アパレル業界のキャリアアップには興味があるけど、

自分には何が向いているのか、何をしたいのか、何ができるのか、そんな悩みを抱えるあなたへ。

今回は、商品のテキスタイル(生地)をデザインする「テキスタイルデザイナー」をピックアップ!

その仕事内容や向いている人の特徴などを、アパレル業化に特化した転職支援事業を展開する株式会社フォーピープルがお届けします!

【予備知識】テキスタイルデザイナーの仕事内容とは?

テキスタイルデザイナーとは、アパレル業界において洋服の生地の織り方やプリントの柄、デザインなどの企画・設計する職種です。

デザイン作成のみならず、仕入れ先開拓や商品のサンプル作成、生産管理など、

洋服を形にする中での多くの工程に携わります。

洋服に対する深い知識と経験が求められ、業界では重要な職種の一つです。

商品を企画・生産する段階では、デザイナーはもちろん、

各工程に携わる方々との綿密なコミュニケーションが求められます。

 

テキスタイルデザイナーに向いている人の特徴

豊かな色彩感覚を持っている人

どんなアイテムでも「色」という要素はデザインにおいて非常に重要な印象を与える要素です。

一つの色でも異なる種類があり、それらが人に与える印象は受け取る側によっても多種多様です。

微妙な色の違いにも敏感に反応し、そのセンスで使いこなせる人がテキスタイルデザイナーには向いています。

そういった意味では、色彩感覚はファッション分野だけでなく、

小物雑貨分野のテキスタイルデザイナーにも等しく求められるスキルと言えるでしょう。

 

デザインを生み出せるセンスがある人

ここでいうデザインとは、ただデザイナーの意思や考案者の意向を汲み取るだけでなく、

ブランドイメージを念頭に置きながら、自分だけのオリジナルのデザインを生み出すことです。

そのため、依頼されたデザインを頭に入れた上で、それを自分の感性でどのように形にしつつ、

そして売り上げにつなげることができるかを考えていかなくてはいけません。

一つの作品を完成させるために、絶え間なく想像力と行動力を働かせることが求められます。

 

素材や加工に強い関心がある人

洋服の大きな特徴として、デザイン一つとっても、

それを制作するときに用いる素材や加工方法が異なるだけで、

出来上がりの見た目に大きく違いが現れる点が挙げられます。

どんな素材を使えばよりデザイナーの意向に近づけることができるか、

どんな加工が依頼された洋服には適しているのか、洋服作りの専門的な知識を頭に入れておくと良いでしょう。

 

クリエイションに没頭できる人

テキスタイルデザイナーも仕事として臨んでいる以上、

同時に多くの商品のデザインを並行して行う場面もあります。

全業務を期限内に完了させることを前提として、

デザイン変更や計画変更にも柔軟に対応しながら作業に臨む姿勢と、高い集中力を要する業務と言えるでしょう。

 

コミュニケーション能力がある人

企画から商品生産の段階までに数多くの人と関わるテキスタイルデザイナー。

一連の作業に確度高くコミットするためには、

多くの人との円滑で適切なコミュニケーション能力を必要とします。

相手の要望を伺いながらも、自分のデザインや完成も追求していける人が向いていると言えるでしょう。

 

このようにテキスタイルデザイナーになるためには、

その分野のスキルや経験、元々の性格など、多くの要素が当てはまっていることが挙げられます。

これら要素が合致し、向いていると感じたあなたは、ぜひ本気で目指してみてください。

 

テキスタイルデザイナーになるために求められること

洋服制作において、生地を扱うプロフェッショナルともいえるテキスタイルデザイナーの職業は

簡単とは言えません。その業界の知識やマインドセット以外にも

専門的なスキルを持って初めてテキスタイルデザイナーに挑戦できます。

今後この職種を志す方は以下の条件を満たすことを最初の目標としてみましょう。

 

Illustrator・Photoshop

商品やプリントの柄の作成には特定の専門ソフトを使うことが求められます。

メジャーなものとしてIllustratorやPhotoshopが挙げられ、

その分既に使いこなせる方は即戦力となり得る可能性もあるでしょう。

それらのスキルは創意工夫のセンスや豊かな色彩感覚などとも相性が良く、

テキスタイルデザイナー志望の方々は使用できると良いでしょう。

トレンド情報の取得

トレンドが変化し続けるこのファッション業界において、

自身の知識や情報を常に感度高く更新し続けることはこの業界に勤める人の責務とも言えます。

どの生地を用いてどんな柄やデザインを組み立て、それをその時々のトレンドとどのように組み合わせていくか、

センスが求められると共にそれら要素を論理的に活用する能力も求められます。

 

テキスタイルデザイナーに転職するならフォーピープルがおすすめ

アパレル業界に特化した転職支援・人材紹介事業を展開している株式会社フォーピープルは、

社員全員がアパレル業界出身のメンバーで構成されており、

MD・テキスタイルデザイナーはもちろん、様々な職種の転職先をご用意しています。

業界未経験でも、販売員職以外の方でも、幅広い転職先と実績がございますのでぜひご覧ください!

株式会社for people

株式会社フォーピープルの強みは

①社員全員がアパレル業界出身なので業界知識に精通している!

②経験を活かせる企業への推薦や非公開求人への応募が可能!

③未経験からでも本社職にキャリアアップできるスクール事業を展開している!

また、毎週火曜日夜のみ原宿でオープンするアパレル関係者限定のBar “Fashion Tuesday”事業や、

アパレル業界に特化したEC・SNSの運用支援事業なども展開しています!

Fashion Tuesday宣伝

FashionTuesday事業の概要はコチラから!

FashionTuesday事業に関する記事はコチラから!

ECアカデミー宣伝

アパレルECアカデミー事業の概要はコチラから!

アパレルECアカデミー事業に関する記事はコチラから!

 

(文:矢口 裕久)

前の記事

「成長し続けられる環境」大手セレクトショップ責任者からフォーピープルへ転職した理由