for peopleからのお知らせ Information

[まとめ]繊維商社に詳しく知ろう! 

BY  Raiki K.

 

東京都内の大学に通う、22歳。

繊維商社について、興味を持ったことから、記事作成を行った。

繊維商社(アパレル商社)の役割とは

 

衣料品の仕入れ担当者は、原材料やテキスタイルの調達と価格交渉を専門とし、アパレル業界の需要に対応しながら、最適な品質と価格で商品を提供する役割を担います。
また、ファッションだけでなく、スポーツ用品家庭用品自動車産業医療機器など 幅広い分野での繊維とテキスタイルの供給に携わり、顧客の要求に合わせた素材を提供しています。

 

繊維産業は、ファッションや家庭用品の製造・流通の核心部分を担う分野として存在しており、

その中で繊維商社が果たす役割は極めて大きい

繊維商社は供給チェーン全体の「架け橋」 として、生産者から消費者へのーズな商品供給をサポートを行う。

これらの役割を通じて、繊維商社は繊維産業の発展をサポートし、持続的な成⻑を可能にしている。

繊維商社の存在は、この産業の持続的な発展にとって不可欠であることが理解される。

メーカーや総合商社との違い

 

 

メーカーとの違いとして、繊維商社は仕入れと販売に特化し、製品供給と流通を管理しています。顧客のニーズに応じて商品を仕入れ、価格交渉とロジスティクスを担当し、国内外での調達とサプライヤー関係の構築も重要な業務です。

一方でメーカーは、製品の設計・製造を担当し、素材調達から製造・加工まで行います。自社ブランドや OEM 製品を市場に提供し、品質管理と生産効率向上が重要です。

 

アパレル業界は総合商社と繊維商社の 2 つのビジネスモデルに支えられていますが、これらの企業はどのように異なるのでしょうか。

 

 

総合商社は多様な業界や部門に関わる大手企で、アパレル分野においても多岐にわたる業務を手掛けます。

服飾ブランドの運営から物流、広告、マーケティングまでの連のプロセスをサポートし、大規模なネットワークを生かして異なる業界とも連携します。

強みは、商品の企画から販売までの統一されたプロセスを提供し、ブランドの価値を最大化することにあります。

対照的に、

一方、繊維商社 は素材の供給安定性や環境問題への取り組みを通じて、アパレル業界の持続可能性を支えています

これらの違いを考慮すると、総合商社はアパレル業界の変動に迅速に対応する多岐にわたる事業展開を通じて、ブランドの価値を向上させる役割を果たしています。

つまり、アパレル業界において総合商社繊維商社は、それぞれ異なる役割と特色を持つものの、業界の発展と持続可能性の確保には双方が不可欠であり、共同で業界の未来を築いていると言えるでしょう。

 

 

 

繊維商社とメーカーの競合関係と協力関係

 

 

結論、繊維商社とメーカーは一般的に競合関係ではなく、むしろ協力関係にあります。

 

繊維商社はメーカーから製品を仕入れ、それを自社販売チャネルを通じて市場に供給します。メーカーは繊維商社を通じて広く自社製品を販売する機会を得ます。

両者は重要なパー トナーであり、相互に利益をもたらす関係です。

繊維商社は顧客ニーズに合わせた製品を選び、需要と供給を調整します。一方、メーカーは品質向上と効率化に取り組み、製品供給を担当します。

 

 

 

しかし、

繊維商社とメーカーは競合他社になる可能性もある。

 

SPA メーカーと繊維商社の関係

・SPA(Specialty store retailer of Private label Apparel)メーカーと繊維商社は、の場合において競合関係になることがあります。

 

SPA メーカーは自社ブランドの衣料品を開発・製造し、直営店舗やオンライン販売などで販売する企業です。

繊維商社は複数のメーカーやサプライヤーから衣料品を仕入れ、自社の販売チャネルを通じて市場に供給します。

これらの企業は競合することもありますが、一般的には異なるビジネスモデルを持ち、補完的な役割を果たしています。

競合関係がある場合でも限定的で協力関係が主体です。

繊維商社ランキング(テキスタイルも含む)

 

繊維商社に存在する、OEM,ODM とは?

 

 

繊維商社には、

・OEM(Original Equipment Manufacturing)  ・ODM(Original Design Manufacturing)   

 という異なるビジネスモデルが存在します。

OEM

OEM は、繊維商社が顧客の要望に基づいて製品を生産する形態です。

顧客は自社ブランド で販売するための製品を繊維商社に委託し、商社は製品の設計、製造、納品を担当します。 商社は自身のサプライヤーやメーカーネットワークを通じて、顧客の要求仕様に合った製品を提供します。

 

ODM

ODM は、繊維商社が独自のデザインや製品コンセプトを持ち、製品を開発・生産する形態を指します。

商社は自社ブランドやマーケティング戦略に合わせて製品のデザインや仕様を決定し、製造はサプライヤーやメーカーに委託します。ODM は市場での差別化を図るために独自の製品を提供する手法です。

 

 

OEM と ODM の違いは、

OEMが顧客の要望に基づいて製品を生産するのに対し、ODMは繊維商社が独自のデザインやコンセプトを持ち、製品の開発と生産を行う点です。

どちらのビジネスモデルも、繊維商社が顧客ニーズに合わせた製品を提供する役割を果たしています。

繊維商社が独自の自社ブランドに着手

 

 

近年、繊維商社は自社ブランド展開に注力し、市場競争と顧客の要求に対応し競争力を強化しています。

独自デザイン、トレンド、高品質素材で製品を開発し、多様な販売チャネルを活用して顧客に提供しています。

さらに、国際市場への進出やグローバル販売も重要な要素です。

 

自社ブランド展開は、繊維商社に収益性向上ブランド価の向上顧客忠誠度向上の可能性をもたらします。

ブランド確立には時間と投資が必要ですが、成功すれば持続的な競争優位性を築けます。

近年、自社ブランド展開に積極的な繊維商社が増加し、市場での存在感を高めています。

 

繊維産業と SDGs の結びつき

 

 

持続可能な未来への一歩産業は環境や労働の課題との戦いの最前線に位置しています。

 

人権や労働条件、そして 環境保護の観点からの課題は、業界全体が直面している難題です。

つまり、繊維商社が SDGs に真摯に取り組むことは、

社会的責任を果たすだけでなく企業の⻑期的な成⻑と競争力の確保にもつながるのです。

持続可能な未来を目指す上で、繊維産業の役割は非常に大きなものとなるでしょう。

 

具体的には以下の4つのアプローチが明確にされています。

 

環境: 持続可能な原材料の環境負荷の低減を進行中。具体的には、有機綿や再生繊維の導入、廃棄物の削減、エネルギー効率の改善などが進行中です。

労働条件と人権: 労働者の安全や人権を尊し、児童労働の撤廃や賃金の適正労働者の教育支援などを推進しています。

サプライチェーン: サプライヤーとの関係強や、持続可能な原材料の調達、透明性の確保を目指しています。

社会貢献:地域社会への教育支援や女性エンパワメント、貧困貧困削減活動など、様々な社会貢献活動を行なっている。

 

これらの取り組みは、

繊維商社が持続可能な未来を創出するための努力として、SDGs の目標達成に資するものです。

また、商社はただの取引の仲介者やファッショントレンドの求者だけでなく事業の持続可能性を追求するビジネスパートナーとしての役割も果たして います。

 

つまり、繊維商社は、ファッション業界を背後から支える「の下の力持ち」として、SDGs 達成への道を切り開くサポート役としての新たな姿を示しているのです。

 

 

 

 

 

▼弊社代表

株式会社フォーピープル 代表取締役 田中弘武

文化服装学院を卒業後、SPAレディースアパレルで営業・MD職を経験、その後OEM企業での営業生産職を経て、

株式会社フォーピープルを設立。

アパレルOEMに加え、EC出店代理店事業やイベント事業を経て、

現在はアパレル業界に特化した転職支援事業を主軸とした営業会社というビジネスモデルを確立。

デジタルとアナログのクロスマーケティングを得意とし、

業界内外の様々なネットワークを駆使し事業を拡大している。

 

アパレル・ファッション業界求人・転職

株式会社フォーピープル

株式会社フォーピープル
東京都渋谷区神南1-11-3PORTAL POINT SHIBUYA 510
03-3527-1583
info@for-people.co.jp
 
【事業内容】
▼アパレル特化転職支援・人材紹介
「フォーピープル」
▼アパレル関係者限定のBAR
「FashionTuesday」
▼未経験からEC職へキャリアアップ
「アパレルECアカデミー」
▼アパレルEC・SNS運用代行
「アパグロ」

Author Profile

田中 弘武
株式会社フォーピープル
代表取締役

文化服装学院を卒業後、SPAレディースアパレルで営業・MD職を経験、
その後OEM企業での営業生産職を経て株式会社フォーピープルを設立。

アパレルOEMに加え、EC出店代理店事業やイベント事業を経て、
現在はアパレル業界に特化した転職支援事業を主軸とした営業会社というビジネスモデルを確立。
デジタルとアナログのクロスマーケティングを得意とし、業界内外の様々なネットワークを駆使し事業を拡大している。

前の記事

[まとめ]販売員からECへ!アパレル転職の将来性

次の記事

[2023年度最新版]販売員からアパレル本社勤務になるには?