for peopleからのお知らせ Information

「成長し続けられる環境」大手セレクトショップ責任者からフォーピープルへ転職した理由

- 社内紹介

2024.07.02

 

こんにちは!記事を読んでいただきありがとうございます!

アパレル業界を支援するサービスを展開している株式会社フォーピープルの広報チームです。

今回は入社2年目ながらスピード感溢れる仕事への取り組みで好成績を出している傍ら、

その個性的なキャラクターで社内では慕われている人材営業メンバーをインタビューしました!

やり抜く力と強い成長意欲を感じるエピソードの数々、ぜひ最後までご覧ください!

 

このnoteに登場する社員

 

・氏名:田口祐也 (たぐち ゆうや)

・生年月日:1988年10月18日

・出身地:埼玉県

・趣味:ゲーム / サイクリング / 音楽鑑賞

・好きな服:O / kapital / The Open Product / FilMelange

 

埼玉県出身。地元の商業高校を卒業後、大手の車販売店にて整備士として1年半勤務。

その後洋服の世界への憧れからアパレル販売員に転職し、

15年間各地の大手セレクトショップにて勤務。昨年株式会社フォーピープルにジョインし、

現在は人材営業部とアパレルECアカデミー事業部にて勤務。

 

他の弊社社員の記事はコチラから!

 

「面白い仕事がしたい」で転職したアパレル業界

 

-そもそもなぜアパレル業界へ転職したのですか?

 

田口:「面白いことをしたい」というのが理由です。

自分にとって洋服の世界ってキラキラしているイメージがあったんですよね

みんなおしゃれな私服で働いているし。

自分も洋服は好きだったので、その興味から働いてみたいという気持ちに変わりました。

当時は人員を募集しているかわからなかったのですが、

自宅近くの大手セレクトショップに直接電話して勤務し始めることになりました。

 

 

-そこでは具体的にどんなキャリアを歩んだのですか?

 

田口:その店舗で3年間アルバイト、その後正社員試験に合格し社員として勤務しました。

2年後、販売担当責任者として40人の人材に対して、月の戦略設計なども担当しました。

他店舗に異動し、そこでも販売担当責任者として3年間勤務し、

そこでは売り上げ作りや社員のマインドセットなど担当し販売員としては15年間ほど働いていました。

 

田口さん画像2

-ずっと販売員として勤務してきて、なぜフォーピープルに入社しようと思ったのですか?

 

田口:当時ワークライフバランスに悩みがあって転職を考えていました。

そして34歳くらいになった時に、客観的に見て異職種への転職がそろそろ難しくなってくる印象もあり、

本格的に転職を決意しました。

 

販売員から人材営業へ。自分の軸と仕事のやりがい

 

– なぜそこで人材で働きたいと思ったのですか?

 

田口:自分の軸とマッチしたからです。元々それまでのキャリアも踏まえて、

自分には営業が向いているという自信はありました。

当時は有形商材を取り扱う営業の選択肢もあり、求人を見ていたのですが、

見ていくうちに「なんか違うな」と思い、無形商材を取り扱う営業の方に興味が向き始めました。

 

 

– 「なんか違う」?

 

田口:自分はこれまで常に人と関わる仕事をしてきて、それが好きだったんです。

そこで、「人」と「営業」を掛け合わせたら「人材営業」という結論にたどり着きました。

人材はリモートとも両立しやすい点から、

ワークライフバランスの面からも人材営業がベストだという結論に至りました。

 

 

-なるほど!田口さんの販売担当責任者の経験からも、

おそらく「モノを売る」というより「モノを売る環境を作る」方が好きだったのかもしれないですね。

 

田口:確かにそうですね笑 当時の販売員時代の環境が起因していたこともありましたけど、

仕組み作りは好きでしたね。

 

 

-そこからアパレル業界の人材営業に行き着いた経緯を教えてください。

 

田口:元々IT系や不動産系、アパレル系など、多くの業界で人材営業職を探していたんですけど、

自分で面談を依頼した会社がアパレル業界特化の転職エージェント【株式会社フォーピープル】と出会ったきっかけです。

当時はちょうどアパレル業界の人材営業も選択肢にあったのでそこからやりとりをさせていただきました。

そのうちフォーピープル自体への興味が強まり、御社に入れませんか?と直接お願いしました。

 

 

-直接お願いはすごいですね!なぜフォーピープルで働きたいと思ったのですか?

 

田口:直感で「面白そう」だと感じたからです笑 

体制が整っていそうで整っていない点が特に魅力的で、

ある程度型が決まった環境はあまり好きではないので、

その点も先ほどの「仕組み作りが好き」という点と通じているのかもしれません。

 

 

-ウワサによると、会社から課された入社前の課題は出された翌日に提出し、

FashionTuesdayも1ヶ月の間毎週参加されていたと聞いたのですが?

 

田口:何事もスピードはかなり自分の中で重要視しています。

事前課題もそうですが、アパレルECアカデミーにも参加して、そこで出された課題を当日に終わらせたり笑 FashionTuesdayは会社理解を深めたくて参加していました。

 

 

-それはすごいですね!その原動力はどこからくるんですか?

 

田口:勝手に体が動いているだけなんです笑

社会人としてやるべきことは余裕を持って終わらせるという点もありますけど、

何より自分のポテンシャルを買っていただいているワケなので、忙しいとか言い訳せず、

仕事の姿勢を見せることが自分のやるべきことなんじゃないかって思っていました。

自分が採用側だとしてもそう思います。

 

田口:それに併せて面接も3~4回ほどご用意いただき、本格的に採用が決まりました。

 

フォーピープルへ入社。そこで気づいた「面白さ」とは

-入社後のギャップなどは感じましたか?

 

田口:人材業界の専門用語や簡単な仕組みなどはあらかじめ勉強していたので、

その辺りの知識は問題なかったのですが、

思っている以上にアパレル業界内の職種が幅広かったことには驚きました。

それまでリテール側にいた自分にとって、

デザイナーさんなどものづくり系にいる立場にいる方の面談などは最初苦戦しました。

 

 

-わかります!最終目的は一つでも、そこまでの背景や前提情報、

関わる人などが異なるだけで一気に難易度が変わりますよね!

私は別の部署にいますが、それはとても共感します。

 

-入社してから、この会社に関して特に「面白い」と感じたポイントなどはありましたか?

 

田口:田中さんの作ったこの会社の仕組みです。一見すると全て目的の異なる点同士の事業部なのですが、

どれもリード獲得という共通の販路に対して相乗効果のある価値提供していることで線で繋がる。

何一つ無駄がない仕組み作りは非常に面白いと思いました。

 

 

弊社代表:田中のインタビュー記事はコチラから!

 

-今の田口さんにとって、株式会社フォーピープルはどんな会社ですか?

 

田口:一言で言うと個性派集団ですね。

仕事って色々な考えを持った人がいる方が楽しいし成長できるじゃないですか。

それは販売員時代から常に重要視しているポイントだったので、

転職してもそんな環境にいることができるのが自分はすごく好きです笑

 

 

-フォーピープルではどんな仕事をしていますか?

 

田口:人材営業とアパレルECアカデミーの運営がメイン。

あとは、チーフの金指さんを支えるような役割もありますね。

新人社員のメンターなどもやっています。

 

 

人材営業チーフ:金指のインタビューはコチラから!

 

-私の目からみて、田口さんってすごく手際良く金指さんの業務をサポートしている印象があるのですが、

工夫していることなどはあるんですか?

 

田口:金指さんが思ったことをすぐに形にすることですね。

思ったらすぐに行動する自分の性格でもあるのですが、

金指さんがちょっと口にしたことでも必ずメモして、それを後日形にして提案することは意識しています。

 

 

-そんな仕事に取り組む中で、何か大変なことなどはありますか?

田口:マルチタスクを求められることが多いことですかね笑

 

 

-私思うんですけど、田口さんって達成意欲がとても強くないですか?

やると決めたことは必ず最後までやり遂げる印象があります。

 

田口:あまり意識していることは無いんですけど、中途半端がとても嫌いな性格なんです。

やるかやらないか、その結果全部やる、という感じです笑

 

 

-これまでフォーピープルで業務に臨んできた中で、何か成長を感じたポイントなどあれば教えてください。

 

田口:人としても仕事としても、成長しかないと思っています笑 

特に人に物事を伝える時に以前より磨きがかかったような感じがします。

以前から自信があったことではあるのですが、

以前と違って非常に多くの人と協力をしながら仕事を進めるので、

多くの人の目線に立つ経験を積ませてもらったことが起因していると思います。

 

 

-フォーピープルでこれからどんなことにチャレンジしていきたいですか?

 

田口:任せていただけることに全力で取り組むだけです。やりたいと思っていることには今挑戦出来ているので。

 

 

-フォーピープルにはどんな性格の人が向いていると思いますか?

 

田口:固定概念に囚われず、良い意味で頭のネジが飛んでいる人です笑

「こうじゃなきゃいけない」という軸を強く持っている人には難しいと思います。

販売とか店長とか経験ある人で、営業力を付けたい人はウチの会社はおすすめなので、

是非お気軽にお問い合わせください!

 

(文:矢口 裕久)

・フォーピープルへの求人はこちらから

Author Profile

株式会社フォーピープル
2013年に創業した全事業をアパレル業界特化で展開するソリューション企業。
転職支援事業「for people」やEC・SNS支援事業「アパグロ」を中心に、教育事業「アパレルEXCアカデミー」やアパレル関係者限定のBAR「FashionTuesday」などの事業を展開。
アパレル業界の人や企業に「飛躍のきっかけを想像」することを企業理念とし、様々な角度からアパレル業界の課題解決を提供している。

前の記事

人材事業部のマネージャーが語る!挑戦と成長の秘訣とは

次の記事

テキスタイルデザイナーに向いている人の特徴4選!仕事内容も紹介